ハラスメント研修 講師 派遣 無料セミナー(感想、感想文・レポート)(セクハラ、パワハラ、マタハラ、グレーゾーン、モヤハラ)、コンプライアンス研修、新入社員会計研修,新任管理職会計研修,次世代リーダー会計研修,BSアプローチ,BSアプローチ会計学習法、人材開発、人材育成セミナー、企業研修、コンプライアンス研修、財務研修など、株式会社インプレッション・ラーニングでは、公認会計士等、各専門分野の講師陣によってご提供します。

ホームセミナー情報 > そのマインドを手に入れるインプレッションセミナー
情報
ハラスメント研修企画会議
メディア掲載情報
インプレッション・ラボ
最新セミナー情報
最新通学講座情報
書籍、DVDメディア情報
研修講師紹介
マンガに学ぶ会計&コンプライアンス
研修講師の学校
そのマインドを手に入れるインプレッションセミナー
「パワハラ防止法制化」に向けた企業に求められる現場力の向上と組織力の構築
主   催  株式会社インプレッション・ラーニング
日   時  2019年5月24日(金)開催 13時~17時30分
場   所  TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター(地図を見る
定   員  15名(定員になり次第、お申し込みを締め切ります)
受 講 料  お一人様 10,000円(税込)
※受講料は、お申込後当社より銀行振込先をご連絡致します。
参加対象者
役員、コンプライアンス部、人事部、経営企画等の方を対象に、パワハラ法制化に向けた今後の企業の対応策のポイントを学びます。

実は、知っている会社は先手を打っている。
パワハラ防止の組織的対応のポイントと、
現場への浸透の秘訣


 パワハラ防止義務化が迫っています。 一方で多くの企業はパワハラ問題の解消に頭を悩ませています。現場では、管理職が正しい指導、注意、指示をしたにもかかわらず部下が「パワハラだ!」と反応するグレーゾーンが発生しており、そのグレーゾーンの対処法が分らないために部下指導に弱腰になる管理職が増えています。一方経営陣は、パワハラ問題は現場の管理職のコミュニケーションスキルの問題だろうと考え、実効性のあるパワハラ防止の社内体制を構築するという発想がありません。
 パワハラ防止の法制化は、パワハラ問題から目を背ける経営者の退路を断ち、昭和の成功体験を金科玉条とした部下指導に固執するパワハラ体質を撲滅していくためには有益です。しかし、法律条文にはパワハラのグレーゾーン問題についての予防法や対処法が具体的に定められることはありません。

 パワハラ問題を解消するためには、ベースとして「業務の適正な範囲」というキーワードを正しく具体的に解釈し、誤った自己流解釈を払拭するという根本的認識が必要であり、現場にその根本的認識を根付かせるための組織的な活動が求められます。 パワハラ問題を管理職個人のマネジメント能力やコミュニケーション能力の問題にすり替えたり、管理職に安易な「べからず集」や「NGワード集」を提示するだけでは何も解決しません。
 本セミナーでは、パワハラ問題への組織的対応の構築に向けて、経営陣に求められる役割と取組み(具体的には、経営陣のメッセージ発信のポイント)、ハラスメント問題を受ける相談窓口の充実、現場の管理職に根付かせるべきグレーゾーン問題の対処法、効果的なパワハラ研修のプログラム等、今後の育成課題について学びます。

[ プログラム ]

13:00 開会 (12時30分、受付開場)
1. パワハラ法制化にむけて -パワハラを絶対に許さない組織力のつくり方
  -今なら気付いている企業の方が少ない、パワハラ防止と予防法のポイント 
  • 社長!パワハラは懲戒!懲戒案件です!
  • ポスターを貼っても職場からパワハラがなくならない理由
  • 現場のパワハラ対策は社長の覚悟とコミットメントの発信からはじまる
  • 「とりあえずやるパワハラ研修」 は直ちにやめてください。効果の上がる周知の方法
  • パワハラ法制化に向けて先手を打って役員がすべきこと、管理職がすべきこと
  • 真っ黒なパワハラ問題への対処法と予防法のポイント
  • パワハラのグレーゾーン問題への対処法と予防法のポイント
  • パワハラの組織的対応の最大の課題 「業務の適正な範囲」
  • 「業務の適正な範囲」がスッキリしない限り、最後まで職場からパワハラがなくならない
  • パワハラのグレーゾーン問題が集まる内部通報制度の仕掛け方
  • 絶対に外してはならないパワハラ研修で伝えるべきポイント
2. 貴社だけにお伝えします。パワハラを絶対に許さない現場力のつくり方
  • 現場力を高める、セクハラのグレーゾーン問題の理解と予防法
  • 現場力を高める、パワハラの正しい理解と予防法の3つのポイント
  • パワハラ問題の本質が分からなくなる理由とは -自己流解釈の払拭
  • 上司を悩ますパワハラのグレーゾーン問題を理解する
  • ケースで紐解く 、パワハラのグレーゾーン問題のさばき方
3. まとめ
  • 現場力と組織力はセットでパワハラ防止の効果が高まる
17:30 終了
講師プロフィール
鈴木 瑞穂 (すずき みずほ)
アーサーアンダーセン、アンダーセンコンサルティング、リシュモンジャパン株式会社等の外資系企業の総務・法務部で契約書作成・レビューを中心とする企業法務業務に従事。その後、KPMGあずさビジネススクール株式会社で研修講師を務め、株式会社インプレッション・ラーニングにおいてコンプライアンス、企業法務を中心とする講師を務める。著書「やさしくわかるコンプライアンス~茶髪は違反ですか?」(日本実業出版社)「現場で役立つ!ハンコ・契約書・印紙のトリセツ」(日本経済新聞出版社)

セミナー概要

■主   催 株式会社インプレッション・ラーニング
■日   時 2019年5月24日(金)13:00 ~ 17:30
■場   所 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター(地図を見る
■定   員 15名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
■受 講 料 お一人様 10,000円(税込)
 ※受講料は、お申込後当社より銀行振込先をご連絡致します。
■参加対象者 役員、コンプライアンス部、人事部 研修企画担当者(個人、士業、同業不可)
■お申し込み方法 下記セミナーに申し込むボタンをクリックしてください。
※同業他社、及び同業他社と類推する法人(社労士法人、並びに個人の社労士)、個人の方はお申込み出来ません。
 また、当社の方針により会社の規模にかかわらず法人の取締役、監査役もお申し込み出来ません。

Copyright© Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.