ハラスメント研修 講師 派遣 無料セミナー(感想、感想文・レポート)(セクハラ、パワハラ、マタハラ、グレーゾーン、モヤハラ)、コンプライアンス研修、新入社員会計研修,新任管理職会計研修,次世代リーダー会計研修,BSアプローチ,BSアプローチ会計学習法、人材開発、人材育成セミナー、企業研修、コンプライアンス研修、財務研修など、株式会社インプレッション・ラーニングでは、公認会計士等、各専門分野の講師陣によってご提供します。

ホーム用語集 > コンプライアンス用語集
情報
ハラスメント研修企画会議
メディア掲載情報
インプレッション・ラボ
最新セミナー情報
最新通学講座情報
書籍、DVDメディア情報
研修講師紹介
マンガに学ぶ会計&コンプライアンス
研修講師の学校

人材育成用語集 -コンプライアンス用語編

コンプライアンス

コンプライアンスとは、ステークホルダーの信頼に応え、それを維持向上させることである。

コンプライアンス意識

ステークホルダーの信頼を維持しなければならない/裏切ってはならないという心構えのこと。

コンプライアンス違反

ステークホルダーの信頼を裏切り、それによって企業活動の存続にダメージを与えること。

コンプライアンス問題

ステークホルダーの信頼が失われかけている事態/状態のこと。

パワーハラスメント

組織(職場)を健全に運営していくために在ってはならない言動のこと。
 ※パワハラの定義と類型(厚生労働省2012年1月30日発表)

【定義】 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対し、職務上の地位や人間関係などの優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・肉体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為をいう。

【類型】  業務の適正な範囲を超えている例
 ① 暴行などの「身体的な攻撃」
 ② 暴言などの「精神的な攻撃」
 ③ 無視などの「人間関係からの切り離し」
 ④ 実行不可能な仕事の強制などの「過大な要求」
 ⑤ 能力と懸け離れた難易度の低い仕事を命じるなどの「過小な要求」
 ⑥ 私的なことに過度に立ち入る「個の侵害」

セクシャルハラスメント

セクシャルハラスメント規定:男女雇用機会均等法11条1項(2007年改正)
事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき 不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、 適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

モヤハラ

真っ当な内容の言動に対しても、相手が「パワハラだ」と思い、反応する状況のこと。

コンプライアンス用語集
コンプライアンス
コンプライアンス意識
コンプライアンス違反
コンプライアンス問題
パワーハラスメント
セクシャルハラスメント
モヤハラ

Copyright© Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.