コンプライアンス研修講師派遣、ハラスメント研修(セクハラ、パワハラ、グレーゾーン)講師派遣、ビジネス法務研修講師派遣

ホーム > サービス:コンプライアンス・法務教育
情報
ハラスメント研修企画会議
インプレッション・ラボ
最新セミナー情報
最新通学講座情報
書籍、DVDメディア情報
研修講師紹介
マンガに学ぶ会計&コンプライアンス
研修講師の学校
日本の人事部 HRカンファレンス 2018春

コンプライアンス・法務教育

「働く」という社会の行動に、大人のプライドをもつために。


「コンプライアンス」という言葉も、
多くの企業、社会に定着したように思います。
しかしながら、まだまだ不祥事が続いています。

大人が子供に言い聞かせていることを、
大人自身が無視している事実。小学生でも分かるような悪いことを、
なぜ、懲りずに大人は繰り返すのでしょうか?

だから、クライアントにも時には、耳の痛いことを
私たちは繰り返し申し上げます。
コンプライアンス教育とは、大人の判断力を身につけることです。
その重要性を理解したとき、人の意識は変わります。

MENU
コンプライアンス研修の特徴
階層別コンプライアンス研修
ビジネス法務研修
コンプライアンス
コミュニケーション研修
ハラスメント研修
コンプライアンス部門
スタッフ育成研修
コンプライアンスリーダー
・推進者 育成研修
TOPICS

インプレッション・ラーニング、コンプライアンス研修の特徴
■コンプライアンス教育を成功させる3つのセオリー
  • トップ(役員クラス)から順番に若手社員へと実施していく。
  • 階層別に役割に応じた内容で実施していく。
  • コンプライアンスとマネジメント教育を統合させて実施していく。
■特徴 -コンプライアンスの問題に気づき、考え、行動する仕掛け
「コンプライアンスを実践する」とはあなたが何をすることですか?

コンプライアンスは「意識」の問題であり、「知識」の問題ではありません。
コンプライアンスの「意識」とは一体どのように持てばいいのか、自分の仕事、役割を
踏まえた上で、自社にとってのコンプライアンスに適う行動を一人ひとり深く考えさせ、
行動に結びつけます。


「法律の学び方と、法律を使いこなすセンス」

法令学習ももちろん大事ですが、法令の目的、趣旨を正しく理解した上で、
法律とどう向き合うか、ビジネスパーソンが法律と向き合い、使いこなしていくために
必要なリーガルセンスを学べます。


「多様な演習を通じてリスクへの嗅覚を磨く」

ケーススタディを通して、「自分ならどう行動すべきか」
「誰に、どのような迷惑がかかるのか」 「放置しておくと、どのようなことが起きるのか」
リスクに対する想像力、嗅覚を磨きます。
実際にその会社で起きた事例を脚色したオリジナルケースをご用意します。

■進め方 -対話を通じて「自分への問いかけ」のなかに答えを発見する
講義と演習を織り交ぜながら、受講生同士、講師との対話を重視します。
「コンプライアンスに適う行動」とは何か、 自分の言葉で考えさせることで、
自分にとってのコンプライアンスの必要性に気付かせます。
コンプライアンスの正しい認識と理解を深め、コンプライアンスに適う行動を考えさせ、
職場での具体的な行動に結びつけます。 

プログラム概要は、以下をご参照ください。また、詳細なプログラム内容は、別途お問い合わせください。

コンプライアンス教育 実績一覧(一部)

  • 総合商社、都市銀行、地方銀行、出版社、百貨店、食品メーカー
  • 重機械メーカー、スーパー、石油会社、鉄道会社
  • 広告代理店、バス会社、通販事業会社、建設会社
  • 社団法人、独立行政法人、協同組合、ゴルフ場経営会社
  • 製紙メーカー、ブライダル会社、ショッピングセンター
  • ガス販売会社、半導体メーカー、情報システム会社
  • プロ野球球団、プラントエンジニアリング、地方自治体
  • 車載機器メーカー、システムインテグレーター
  • 樹脂繊維メーカー、農協、福祉施設、化粧品メーカー
  • リゾートホテル運営会社、弁護士事務所
  • プラスチックメーカー、自動車リース、労働組合
  • 食品卸売業、海運業、総合電機設備業
  • 医薬品卸売業、セメント業、シェアードサービス専門業
  • 産業廃棄物業、住宅設備機器メーカー、自動車メーカー、電力会社、生命保険会社、市役所
  • コンサルティング会社、中古車販売業、アパレルメーカー、社会保険労務士事務所、石油化学メーカー
  • 製薬メーカー、不動産会社(賃貸、分譲、建売、ビル管理、リース)、自動車販売業、建設資材メーカー
  • 総合病院、医療検査機関、ホテル、造園会社 その他


取引実績企業例
  • 日本電気株式会社、株式会社京王プラザホテル、ヤマトホールディングス株式会社、コンビ株式会社
  • 中央大学、JXキャリアサポート株式会社、株式会社クラレ、株式会社マイナビ、日活株式会社
  • 三菱地所株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社三井住友フィナンシャルグループ
  • 株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズ、伊藤忠食糧株式会社
  • 京王電鉄株式会社、株式会社京王百貨店、日本ハム株式会社
  • 全国農業協同組合連合会、埼玉県、株式会社明治、鎌倉市役所、ヤマトロジスティクス株式会社
  • 東芝ITサービス株式会社、住友商事株式会社、株式会社東栄住宅、ハーゲンダッツ ジャパン株式会社
  • あずさ監査法人、プルデンシャル生命保険株式会社、伊豆箱根鉄道株式会社、株式会社西武ライオンズ
  • 株式会社コロプラ、読売新聞社、株式会社東京個別指導学院、一般社団法人 日本秘書協会
  • 三井物産株式会社、三井不動産株式会社、東急リバブル株式会社、東武鉄道株式会社
  • 相模鉄道株式会社、横浜市役所、TOTO株式会社、JX金属商事株式会社、北陸電力株式会社
  • コカ・コーライーストジャパン株式会社、東映アニメーション株式会社、埼玉県商工会連合会
  • 一般財団法人札幌市交通事業振興公社、SMBCコンサルティング株式会社、ENEOSグローブ株式会社
  • 国立大学法人金沢大学、学校法人早稲田大学、ニッセンホールディングス株式会社
  • 北陸コカ・コーラボトリング株式会社、株式会社髙島屋 他多数

※本取引社名は、当社実施の全テーマを含む。

最近のお客様のお問い合わせの声
  1. 合併に伴い、新任取締役、グループ会社の取締役まで、新会社としてのコンプライアンス意識を統一したい。
  2. コンプライアンスリーダー制度を社内に設ける為に、仕組み、リーダーの能力等の人材育成を図りたい。
  3. 自社のコンプライアンス行動指針制定後10年が経過し、現在の環境に合わせ、従業員に浸透しやすく、わかりやすい内容に変更したいが、どのようにすればよいでしょうか。
  4. いまだに、コンプライアンスを「法令順守」理解している社員が現場に根強い。この価値観、考え方を変化させて欲しい。
  5. 役員クラスが、「内部統制」「コンプライアンス」「ガバナンス」意味が全く整理できていない人が多いので困っている、正しい知識を理解させて欲しい。
  6. 新入社員に、モラルやマナーといった内容も含めたコンプライアンス研修をして欲しい。
  7. 当社はメーカーであるが、地方の工場のパート、アルバイトへのコンプライアンス教育を短時間で効果的に実施する方法を教えて欲しい。
  8. 若手クラスに対して、どこの会社にいっても通用する最低限のマナーとしての法令の知識を幅広く学ばせたい。
  9. 業界慣習として商売上、法令遵守など本気で言っていられない風潮がある。一方、業界団体や世の中の流れでコンプライアンスを従業員に理解させなければならいないが、現場との軋轢で悩んでいるが、どのように教育すればいいですか。
  10. コンプライアンス担当者に対して継続的に、担当者としての意識付けをしていく教育を教えてください。

様々なお客さまからの声が寄せられております。このようなお声に対して、各会社の実情等に考慮しながら、最適なプログラムやコンサルティングをご提案致しております。お気軽にお問い合わせください。

コンプライアンス研修受講生の声

管理職対象コンプライアンス研修受講生の声
実施時期2011年8月実施
業種:サービス業
・コンプライアンスは、単に法令遵守ではなく、人の為に考え、行動することの大切さがわかりました。
・「コンプライアンスとは何か?」自分自身の言葉で理解することが大事だということが印象的でした。
・共感する内容が多く、具体的な行動がイメージできた。身近な所から実施し、職場の雰囲気をよくしたい。
・コンプライアンスは、ル-ルではなく、あくまで個人の意識の問題であることを痛感した。
・グループワークを通して身近な事例が、自分に置き換えて職場をイメージしながら、考えることができした。
コンプライアンスリーダー研修受講生の声
実施時期2011年11月実施
業種:メーカー
・社員にコンプライアンスと説明するためのスキルが、実践的で役に立ちます。
・人にコンプライアンスを伝えるためには、相当自分がしっかりと理解しなければと反省しました。
・自分がリーダーとして、コンプライアンス活動を進める自覚をあらためて認識させられた。
・受け身の姿勢ではダメであり、積極的にコンプライアンス活動に取り組むことの重要性を感じた。
・コンプライアンスの「気付き」をいかに、社内のメンバーに浸透させるか、そのコツは大変興味深かった。

講師紹介

鈴木 瑞穂 Suzuki Mizuho
コンプライアンス、法務担当講師 兼
インプレッション・ラーニング研修構成作家
『コンプライアンスの問題は、「知識」の問題ではなく、「意識」の問題です。』
研修、セミナーのお問合わせは、お電話又はフォームより
お知らせください。 電話番号 03-6228-6039
お問合わせフォーム

Copyright© Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.