ハラスメント研修 講師 派遣 無料セミナー(感想、感想文・レポート)(セクハラ、パワハラ、マタハラ、グレーゾーン、モヤハラ)、コンプライアンス研修、新入社員会計研修,新任管理職会計研修,次世代リーダー会計研修,BSアプローチ,BSアプローチ会計学習法、人材開発、人材育成セミナー、企業研修、コンプライアンス研修、財務研修など、株式会社インプレッション・ラーニングでは、公認会計士等、各専門分野の講師陣によってご提供します。

ホーム > 書籍、DVD、メディア情報
情報
ハラスメント研修企画会議
メディア掲載情報
インプレッション・ラボ
最新セミナー情報
最新通学講座情報
書籍、DVDメディア情報
研修講師紹介
マンガに学ぶ会計&コンプライアンス
研修講師の学校

書籍、DVD、メディア情報

東京新聞に「オンライン会議 ストレスの元に 「部屋が汚い」言及 むやみに2人きり要求」 代表の藤山の取材記事が掲載されました。

 

●TOKYO Web 2020年12月21日
「オンライン会議 ストレスの元に 「部屋が汚い」言及 むやみに2人きり要求」
中日新聞の朝刊に「オンラインハラスメントに注目 ビデオ会議で2人きり要求や「部屋汚い」」 代表の藤山の取材記事が掲載されました。

 

●中日新聞 2020年12月21日
●中日新聞WEB 2020年12月21日
「オンラインハラスメントに注目 ビデオ会議で2人きり要求や「部屋汚い」」
創業手帳WEB 「ハラスメントの定義とは。ハラスメント研修のプロが解説!」 代表の藤山の執筆記事が掲載されました。

 

●創業手帳WEB 2020年11月5日
「ハラスメントの定義とは。ハラスメント研修のプロが解説!」
創業手帳WEB コロナ禍で急増!zoomハラスメント「ズムハラ」の実態と企業の対策方法 代表の藤山の執筆記事が掲載されました。

 

●創業手帳WEB 2020年10月7日
コロナ禍で急増!zoomハラスメント「ズムハラ」の実態と企業の対策方法
CHANTO WEB ■体験談「オンラインハラスメント」に注意報!あなたは大丈夫!?に当社のハラスメント調査結果等を記事に活用頂きました。

 

●CHANTO WEB 2020年9月5日
体験談「オンラインハラスメント」に注意報!あなたは大丈夫!?
日経ビジネス(電子版)に「もうやめる?ノルマ~アフターコロナの目標設定~Zoomでは人は「上の空」 それでも売り続けるための2つの原則」代表の藤山晴久の取材コメントを掲載頂きました。

 

●2020年7月31日 日経ビジネス(電子版)
もうやめる?ノルマ~アフターコロナの目標設定~ Zoomでは人は「上の空」 それでも売り続けるための2つの原則
代表の藤山晴久の取材コメントを掲載頂きました。
プレスリリース7月号を配信しました。

 

テレワーク時代になり今までになかった新たなハラスメントが横⾏
全国1000⼈調査51%がテレワークでストレスや不安を感じている
#ズムハラ(ZOOM によるハラスメント)を防ぐための無料セミナーを開催
 7月配信号ダウンロード
ニッポン放送 「ゴットアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」で当社のハラスメント調査「ハラスメントから守ってくれる芸能人ランキング」が番組で紹介され、放送後記で紹介されました。

 

●2020年6月27日 ニッポン放送
「ゴットアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」
コメント参考
アッコさんが【第2回ハラスメントグレーゾーンに関する調査結果】で『ハラスメントから守ってくれそうな芸能人』の女性部門の第2位にランキングされました。アッコさんは本当に頼りになる上司です。スタッフ一同、感謝しかありません!(^^)!
サンケイスポーツ、スポーツ報知等に掲載されました。「ハラスメントから守ってくれそうな芸能人 タモリ&天海祐希が1位」

 

●2020年6月26日 サンケイスポーツ、スポーツ報知、そのほか、「ライブドアニュース」、「MUSIC.jpニュース」、「Sales Zine」に掲載いただきました。
ハラスメントから守ってくれそうな芸能人 タモリ&天海祐希が1位
ハラスメントから守ってくれそうな芸能人ランキング…男性1位にタモリ、女性1位に天海祐希
パワハラやセクハラのグレーゾーンを問題を専門的に扱う株式会社インプレッション・ラーニングは26日、 全国の会社員に対しハラスメント問題にいて把握する「第2回ハラスメントグレーゾーンに関する調査結果」 についての結果を発表した。 全国の20歳から59歳の会社員、男女1000人を対象に3月19~25日の7日間、インターネットで調査を実施した。 「ハラスメントから守ってくれそうな芸能人」ランキングでは、男性1位にタモリ(74)、女性1位に天海祐希(52)が選ばれた。
読売新聞・大手小町に、「勤務時間外なのに仕事のLINE…そんな上司への対応法は?」に代表の藤山晴久のインタビュー記事が紹介されました。

 

●2020.6.10 読売新聞・大手小町
勤務時間外なのに仕事のLINE…そんな上司への対応法は?
代表の藤山晴久のインタビュー記事が紹介されました。
読売新聞に、”ビデオ会議、メールで行き違い、テレワークでハラスメント” に代表の藤山晴久の取材が掲載されました。

 

●2020.5.27 読売新聞
ビデオ会議、メールで行き違い、テレワークでハラスメント
代表の藤山晴久の取材が掲載されました。
産経ニュース、産経新聞夕刊(大阪本社発行分)に、”「テレワーク」問い合わせ100倍 公私線引き難しく” に代表の藤山晴久のコメントが掲載されました。

 

●2020.5.21 11:00産経WEST
「テレワーク」問い合わせ100倍 公私線引き難しく
代表の藤山晴久のコメントが掲載されました。
ITメディアビジネスオンラインに、”テレハラって知っていますか?:「テレワーク」問い合わせ100倍 公私線引き難しく (1/2)” に代表の藤山晴久のコメントが掲載されました。

 

●2020.5.21 ITメディアビジネスオンライン
テレハラって知っていますか?:「テレワーク」問い合わせ100倍 公私線引き難しく (1/2)
代表の藤山晴久のコメントが掲載されました。
女子カレLOVABLE8人に1人がSNSによるハラスメントを経験!テレワークの注意点” に本サイト名が紹介されました。

 

●2020.5.20 女子カレLOVABLE
8人に1人がSNSによるハラスメントを経験!テレワークの注意点
本サイト名が紹介されました。
朝日新聞4月25日(土)社会面「スマホ時代に あえてガラケー」に、代表 藤山晴久の「スマホハラスメント」のコメントが掲載されました。

 

●2020年朝日新聞4月25日(土)
社会面「スマホ時代に あえてガラケー」
PHP THE21 Online「テレワークの今こそ、部下との信頼関係を「言葉の力」で強化しよう!」代表 藤山晴久へ取材頂きました。

 

●PHP THE21 Online 2020年4月20日
「テレワークの今こそ、部下との信頼関係を「言葉の力」で強化しよう!」
産業総合研究所「労務事情」2020年3月15日号に連載 視点 スマホハラスメント-「9割の部下は知らない、上司も悩むスマハラの実態」代表藤山晴久の寄稿が掲載されました。

 

●産労総合研究所「労務事情」 2020年3月15日
視点 スマホハラスメント-「9割の部下は知らない、上司も悩むスマハラの実態」
産業総合研究所「労務事情」2020年3月1日号に連載 視点 スマホハラスメント-「現場で部下が悩んでいるのスマハラの実態」代表藤山晴久の寄稿が掲載されました。

 

●産労総合研究所「労務事情」 2020年3月1日
視点 スマホハラスメント-「現場で部下が悩んでいるのスマハラの実態」
経済界WEBに代表藤山晴久のインタビュー掲載されました。

 

●経済界WEB 2020年2月19日
セクハラ・パワハラのグレーゾーン問題に企業はどう対応すべきか
産労総合研究所「労務事情」2020年1月1・15日号に弊社講師鈴木の書籍「現場で役立つ!ハラスメントを許さない現場力と組織力」が紹介されました。

 

●産労総合研究所「労務事情」 2020年1月20日
日本経済新聞出版社Webサイトに弊社講師鈴木瑞穂のインタビュー記事を掲載いただきました。

 

●日本経済新聞出版社 2019年12月03日
現場を悩ますハラスメントの「グレーゾーン」にどう対応すべきか[後編]
 ── 効果的な研修方法で身につけるべきこと
小学館ダイム公式サイト「@DIME」に弊社プレスリリースを取り上げて頂きました。

 

●「@DIMEアットダイム」ビジネスニュース(2019年12月2日)
8人に1人が経験あり!職場で蔓延する「SNSハラスメント」の実態
弊社発行のプレスリリースを取り上げて頂きました。

プレスリリース11月号を配信しました。

 


●「職場の SNS ハラスメント被害者が 10%を超える
ハラスメントの場は職場からスマホへ。勤務時間外も逃げ場なし」
 11月配信号ダウンロード
日本経済新聞出版社Webサイトに弊社講師鈴木瑞穂のインタビュー記事を掲載いただきました。

 

●日本経済新聞出版社 2019年11月19日
現場を悩ますハラスメントの「グレーゾーン」にどう対応すべきか[前編]
 ── 線引きの正しい理解と、組織で具体的に取り組むべきこと
マイナビニュースに弊社セミナーをご紹介いただきました。

 

●マイナビニュース 2019年11月19日
「セクハラで訴えます!」企業はどう対応すべき? - セクハラ“グレーゾーン”の対処法

●マイナビニュース 2019年11月20日
「パワハラを受けました!」会社はどう裁くべきか - パワハラ“グレーゾーン”の対処法
ビジネスガイド(株式会社日本法令) 2019年12月号「今さら聞けないハンコの話と印章管理規定作成のススメ」当社講師執筆ご依頼頂きました。

 

●ビジネスガイド(株式会社日本法令) 2019年12月号
「今さら聞けないハンコの話と印章管理規定作成のススメ」
当社講師執筆ご依頼頂きました。
新刊書籍プレスリリース10月号を配信しました。

 


「現場で役立つ! ハラスメントを許さない現場力と組織力」
紹介のプレスリリースを配信しました。
 10月配信号ダウンロード
現場で役立つ!ハラスメントを許さない現場力と組織力

弊社講師 鈴木 瑞穂 (著)

ハラスメント問題への対応に悩んでいる現場の管理職の方々や、ハラスメント問題の予防にどのように取り組めばよいのかと苦慮している役員レベル及びハラスメント問題担当部署の方々へ、事例を元に具体的な対応方法を紹介。

●2019年5月の通常国会で「改正労働施策総合推進法」が成立、大企業では2020年4月から、中小企業でも2022年4月からパワハラ防止措置が義務化される。
●これまでのように、上司のコミュニケーションスキルの拙さで処理される話ではなくなり、組織対応が必須の重要な経営課題となった。
●本書は現場レベルと組織レベルでの対応を個別に解説、組織対応でなければ解決しない課題が多くあることを示し、具体的な処方箋も示す。
●働き方改革による仕事量と人員のアンバランス、労基法違反につながりかねない混在型パワハラ――ハラスメント問題を正しく理解し、部下を正しく指導・育成するための指南書。
商業界 9月号 人材特集「パワハラ」「セクハラ」 当社、取材ご依頼を頂きました。

 

●商業界 9月号
人材特集「パワハラ」「セクハラ」
当社、取材ご依頼を頂きました。
「産経ニュース」ウェブサイト5月29日並びに、5月30日 産経新聞 朝刊に当社セミナーでの取材、講師コメントが掲載されました。

 

●「産経ニュース」ウェブサイト5月29日
「どこまでが指導?線引き悩む企業 パワハラ法規制」
当社のセミナーを取り上げて頂きました。
しんきん経営情報11月号に、当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

 

●しんきん経営情報11月号(2018年11月1日発売号)
■特集 NGワードでは防げない!セクハラ・パワハラのグレーゾーン対処法
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。
「できる理由」が解決力を高める
~職場の問題解決とコミュニケーションに役立つ実践スキル~

増田 崇行 (著)

パワハラが怖くて部下を叱れない、行き詰ったプロジェクトにネガティブで不毛な会議……。そんなあなたの悩みを救うのは「解決志向」かもしれません。本書は、「なぜダメなのか」ではなく、「どうすればよいのか」という発想で、ビジネスに関わるあらゆる課題を解決に導く実践的なケーススタディを取り入れた入門書です。
株式会社TKC 戦略経営者 9月号に、当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

 

●TKC戦略経営者9月号(2018年9月1日発売号)
特集 ハラスメント
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。

日経BP社 日経おとなのOFF 9月号に当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

 

●日経BP社 日経おとなのOFF 9月号(2018年8月6日発売号)
特集 人生後半の大ピンチ お金と手続き
パワハラ・セクハラ 最新常識を知って「加害者」にならない!

取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。

株式会社教育開発研究所様 月刊、教職研修2018年9月号に当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

 

●株式会社教育開発研究所 月刊 教職研修9月号
巻頭インタビュー 学校の「ハラスメント」の記事
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。

小学館ダイム公式サイト「@DIME」に当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

●「@DIMEアットダイム」ビジネスニュース(2018年7月17日)
管理職ならおさえてえきたい最新ハラスメント辞典・続編
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。


小学館ダイム公式サイト「@DIME」に当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

●「@DIMEアットダイム」ビジネスニュース(2018年7月15日)
管理職ならおさえてえきたい最新ハラスメント辞典
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。


小学館ダイム公式サイト「@DIME」に当社講師、鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

●「@DIMEアットダイム」ビジネスニュース(2018年7月14日)
何がアウトで、何がセーフ?グレーゾーン型ハラスメントの見分け方
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。


宝島社 GLOW8月号に当社講師、鈴木瑞穂、北原悦子コメントを取り上げて頂きました。

 

●宝島社 GLOW8月号(2018年6月28日発売号)
特集 受け流す時代は終わりました!「セクハラ対策どうする?」
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂、北原悦子のコメントを取り上げて頂きました。
小学館DIME8月号に当社鈴木瑞穂コメントを取り上げて頂きました。

 

●小学館 DIME8月号 (2018年6月16日発売)
職場で地雷を踏まないためのハラスメント学習帳
取材のご依頼を頂き、当社講師、鈴木瑞穂のコメントを取り上げて頂きました。
日本教育新聞社「週刊教育資料」に”ハラスメント問題のさばき方”を寄稿。

弊社講師 鈴木瑞穂 (著)

●日本教育新聞社「週刊教育資料」2018年2月19日号内、管理職必携 安心・安全の新常識にて弊社講師鈴木瑞穂が「ハラスメント問題のさばき方(上) グレーゾーンの根源とは」を執筆しました。
攻めの経営を可能にする 本当のリスク管理をするための本

弊社講師 吉成 英紀 (著)

●すべてのビジネスはリターンを得るためにリスクに挑みます。そのためリスク管理と目標管理は表裏一体で、リスクの管理は利益を生む活動です。リスク管理能力を養うことで、はじめてハイリターンを追求できます。
●しかし、多くの人はリスク管理を専門家の仕事と勘違いしています。マニュアル(文書化)を作ることがリスク管理ではありません。業績不振と不祥事は、リスク管理の面から見れば同根です。
●本書は、リスクの本質と正しいリスク管理を学ぶテキストです。知識を覚えるだけでなく、考え抜くための演習問題も提供し、イノベーションを起こす力を養います。
●前作『世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書』の第3章「応用編」に続く内容で、前作読者から出版が待たれていました。セットで会計と経営のセンスを磨くまったく新しい会計学習法です。
 
日本商工会議所検定HP応援メッセージに、講師吉成英紀が紹介されました。
●新たな学習方法を提唱
●ビジネスマンには簡潔で論理的な説明を。
●短期で学べて生涯役立つ

https://www.kentei.ne.jp/interview/16538
現場で役立つ!セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方

弊社講師 鈴木 瑞穂 (著)

●弁護士による判例解説など「あからさまなハラスメント事件」を教えてもらっても現場では役に立ちません。日々の部下指導で苦労する管理職は、いわゆる「ハラスメントグレーゾーン」にどう対処すべきかに悩んでします。
●グレーゾーンはなぜ発生するのか、回避するにはどうすればよいか、直面したときにはどう対処すればよいか--読者の悩みを本書が解決します。
●実際にあった企業内の事例を基に、経営的な視点と一般常識から、どのように対処すべきかをリクツで説明、自信をもって部下指導できるよう導きます。
●大企業から中堅まで、数多くの企業でハラスメント研修を行い、「これまでのモヤモヤがスッキリ解消した」と好評のセミナーを紙上で再現!
 
現場で役立つ! ハンコ・契約書・印紙のトリセツ

弊社講師 鈴木 瑞穂 (著)

これまでモヤモヤしていた「ハンコ」「契約書」「印紙」の 取り扱い方が分かります!
ハンコを逆さまに押すと、契約書は無効になる?
この契約は請負契約ですか、委任契約ですか?
「業務委託契約書」には印紙を貼らなくてよい?
国や外国企業との契約書には印紙は不要?
「リース契約書」は2号文書に該当する?
「販売委託契約書」は7号文書に該当することがある?
本書でこれらの疑問を解決します!
 
世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書

弊社講師 吉成 英紀 (著)

優秀な日本のビジネスマンが、なぜ会計だけはいつまでも苦手なのか?
その理由は、世界的にみて、日本の会計教育が遅れているからです。
だから、会計が分からなかったのは、あなたのせいではありません。
本書で紹介する「BSアプローチ」で、これまでのモヤモヤを一発解決!
 
世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書 [韓国語版]
本書で紹介する「BSアプローチ」は、韓国のビジネスマンにも注目を集め、好評を得ています。
機長のマネジメント―コックピットの安全哲学「クルー・リソース・マネジメント」

弊社講師 斎藤 貞雄 (著), 村上 耕一 (著)

本書はコックピット内で高度で的確な判断と行動を要請されるパイロット達の操縦技術以外の訓練プログラムCRM=クルー・リソース・マネジメントの全体をわかりやすくまとめたものである。
レジリエンス(折れない心)の具体的な高め方

弊社講師 深山 敏郎 (著)

レジリエンスとは、精神的な回復力のこと。「(苦境に直面しても)折れない心」ということになる。本書では、レジリエンスを高めるためには、具体的にどうしたらよいのかを一緒に考えていく。
研修DVD教材 「コンプラのとりせつ」
企画・制作 株式会社インプレッションラーニング

監修 弊社講師 鈴木 瑞穂

コンプライアンスは「気持ち」の問題なのに、ほとんどのコンプライアンス研修は、 気持ちが閉じたまま行われているということです。
これでは何も伝わっていきません。
笑って、気持ちを開いていただいてこそ、 貴社のコンプライアンスのこころは社員の皆さんに浸透していきます。
ぜひ笑える研修DVDを活用して、気持ちが開いたコンプライアンス研修を実施してください!
 
研修、セミナーのお問合わせは、お電話又はフォームより
お知らせください。 電話番号 03-6228-6039
お問合わせフォーム

Copyright© Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.